HOME>注目記事>どんなタイプのものがあるか知り今一番欲しいタイプを選ぼう

家庭用と違う点はどこかを知ろう

浄水器

一度に多くの水を複数の場所で利用する飲食店等に欠かせないのが、業務用浄水器です。衛生面を保つため等に必須である業務用浄水器を選ぶ際に注意しておきたいのが、家庭用のものとの違いを把握してから選ぶという事があります。業務用浄水器には、一般的な蛇口につけるタイプのものから、業務用の製氷機に付けるタイプ等、用途に応じて様々な形態のものが存在します。用途によって大きく形状や取り付け方が違うため、使う所に適したものを必ず選ばなければなりません。スペックや価格の確認も大事ですが、まずは使用を考えている所に合うかどうかという事をカタログ等でしっかり確認し、いざ使おうとして駄目だったということが無いようにしましょう。

どんな用途のものがあるのか

浄水器

一言で業務用浄水器と言っても、色々なシーンにそれぞれ適したものがあります。自分たちの店舗等が今どんなシーンでの業務用浄水器を求めているか、それをまず確認して選びましょう。まずは、大量の調理に使用する大容量タイプです。大型の調理器具の下等に設置するタイプで、中には100トンまで対応出来るものもあります。一般の食堂から軽食を提供するキッチン向けには、10~50トンタイプのものが適していると言われています。そして、セルフサービスの水を提供する際等に使われる小型のものもあります。客向け・従業員向け等、内外どちらに必要な場合にも用いられます。

購入する業者の情報も知る

浄水器

今は業務用浄水器は小型のものであれば通販等で購入出来る事もありますが、ある程度のサイズのものになるとやはり専門の業者から購入する必要があります。その業者選びの際には、そこがどんな業種や業態の所との取引実績があるかをよく確認しましょう。業務用浄水器と言っても、食品用や工業製品用までタイプは様々です。そこが主にどんな業界との取引を行い、得意分野は何なのかという事をきちんと調べておく必要もあるでしょう。さらに共通の事項として、アフターケア等の購入後のサポートが充実しているかも大きな比較ポイントと言えます。